スピーキング(2次試験対策)

英語で意見・考えを言う時の表現

英検2級や準1級の2次試験では「〜についてどう思うか」を問われる問題があります。

カードについての説明が終わった後、personal questionの形で問われます。

例えば、
Some people say that, because of computers, people spend too much time alone. What do you
think about that?(2005年度第1回2次試験問題より)

まず、質問の内容がしっかり聞き取れて理解できることが大前提です。

模範解答を見るとこんな感じです。
I agree. People spend too much time in front of computers without talking to anyone. They should make time to meet others and talk to them.
となっています。そんなに長く答える必要はないようです。

ポイントは、最初に賛成か反対かという結論を言ってから理由を述べることです。

もうひとつのポイントは質問をしっかりと聞いて、それを繰り返すような形で言えばそれだけで英文ができてしまい、答えの形になる場合があるということです

落ち着いてしっかりと質問を聞くことが大切です。こういう時、普段から音読していると助かります。

受け答えの表現としては簡単なもので十分です。

例:
I agree 〜 because...(〜に同意します)
I don't agree 〜because...(〜に同意しません)
I disagree with 〜(〜同意しません)

I think 〜 because...(〜だと思います)
I don't think 〜because...(〜ではないと思います)

In my opinion, it is ...(私の意見では...)
In my case, I often...(私の場合はしょっちゅう...)


2007年05月04日 01:18

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)