スピーキング(2次試験対策)

英検二次試験対策のためのミニトピック集

英検準1級のナレーションでは4枚の絵を説明しなければなりませんが、一つ一つが説明できればあとは時間の流れにしたがってつなぐだけです。まず、一つ一つを具体的に説明できることを目指しましょう。

ここではその1枚ずつの絵の代わりに、ある一つのキーワードやトピックについてできるだけ具体的に英語で説明しました。

と言っても英語で文と作るとなると構えてしまい、なかなか思うように作れないものです。そこで、ふだん何気なく使っている語や新聞で読んだ記事から連想することを5つの英文で表す練習をしてみようと思います。英文をつなぐ時は、and(そして), but(でも〜), so(だから),then(それで), if(もし〜ならば),
when(〜の時), because(〜なので)、などをできるだけ使うと会話らしくなると思います。

大切なことは、やさしくても多少間違っていてもあまり気にせずにとにかく英語を自分なりに使ってみることです。このあたりはスポーツや楽器の練習と似ていますね。
(1)携帯電話
(2)夏休み 
(3)結婚
(4)仕事  
(5)あいさつ
(6)職場の上司
(7)旅行
(8)ファッション
(9)ファーストフード
(10)健康
(11)学校週5日制についてどう思うか
(12)少子化について
(13)日常の動作を表す表現 その1
(14)日常の動作を表す表現 その2
(15)日常の動作を表す表現 その3
(16)日本の老人問題について

話のネタを探すなら英字新聞が役立ちます。

今はThe Japan TimesThe Daily Yomiuriのような日刊のものはWEB上でも一部の記事は読めます。

The Japan Times

ジャパンタイムズウィークリー

週刊ST

2006年07月24日 01:10

コメント

私は今までそれなりに英語ができる方だと思っていましたが、いざ英検面接の練習となると、思うように話す事ができなくなってしまいました。やっぱり英語は書くだけでなくて、普段から話して練習する事もとても大切だなーと実感しました。ちょうどよく私の学校には、外国人の先生がいるので、今度からこのトピック集に出てきたポイントをよく理解して、その先生ともっと話してみようと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーー
ノーネームさん、コメントありがとうございました。英語学習は「理解」だけにとどめてしまうと、「お勉強」のようになってしまい、もったいないと思います。せっかく学校に外国人の先生がいらっしゃるなら、ぜひ話してみてください。英語学習がもっと楽しくなりますよ。
 
 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)