スピーキング(2次試験対策)

2次試験の流れを知っておこう

部屋に入室するとやりとりは全て英語です。試験の流れは以下のような感じです。

1)入室と挨拶
Hello!などと言って、試験官にカードを渡します。その後、たいてい試験官が"Sit down, please."とか、
”Have a seat."などと言ってすわるように促すので着席します。

2)自由会話
名前や受験級の確認があり、自由会話が1分ぐらいあります。

3)問題カードの英文を黙読
カードを手渡され、20秒間で黙読するように指示があります。ここでは話しの内容の要点をつかむようにします。
 
4)問題カードの英文を音読
ここでは大きな声ではっきりと、相手にしっかり着てもらうつもりで音読します。アクセントや意味のかたまりで文を区切って読みます。アクセントが正しければ多少日本式の読み方でもそれほど気にする必要はないと思います。

5)質疑応答
英語で4つの質問が聞かれるので、落ち着いて答えます。2級のNo.1とNo.2の質問は「英文の内容」や「イラスト」に関するものです。カードを見ながら答えてかまいません。

2級はNo.2の質問の後に"Please turn over the card and put it down."などと言ってカードを伏せるように指示があります。

そのあとのNo..3とNo.4は、パッセージとイラストについての質問ではないが、No.3ではトピックに関連のある一般的な質問に対して、受験者がどう思うかが聞かれます。まず同意するかしないかを答え、さらにその理由を加えることが求められます。自分の考えを簡潔に答えられればOKです。

No.4は、パッセージのトピックとは特に関係のない一般的な質問にたいして、どう思うかが聞かれます。yes,Noで答え、さらにその理由を加えることが求められます。


6)カードの返却と退出
カードを返すように指示されるので、返却し退出します。"Good-by. Thank you"などと言って退出すればいいと思います。

2006年01月08日 23:56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)