語彙力

その単語が正しく発音できるか

当たり前のことですが、単語は正しく発音できなければ通じません。少なくとも正しく発音しようとするべきでしょう。英検の二次試験で合格するためには流暢にかっこよく読める必要はありませんが、押さえるべきポイントがあります。それは正しいアクセントで発音できることです。

日本語の場合は母音の数はア、イ、ウ、エ、オの5つしかありませんが、英語の場合は20個以上あり、さらに子音も日本語にはないものがいくつもあり複雑です。

独学である程度きちんと勉強するには難しいところがありますが、学研の『スーパーアンカー英和辞典』や『ライトハウス英和辞典』のような学習用中辞典には解説用のCDが付属で付いているのでそういうのを利用するといいと思います。付属のCDでも十分役立ちます。

言葉の基本は「音」です。発音できる語は記憶できますが、音としてとらえることができないとその語を自分のものにすることはほとんど不可能なのではないかと思います。

また、読めない語は聞いてもわからないのでリスニングができないことにもつながります。きちんとしたアクセントで読めることがまず基本です。それができれば二次試験の面接でも自信を持って問題文のカードを読めると思います。

2006年03月09日 23:43

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)