語彙力

語彙を増やす方法(そのT)ー他の語と関連付けるー

単語を覚えるためにはできるだけ他の語と関連付けて覚える方がいいです。例えば”develope”=「発展する」とだけ覚えるよりも、developing countries =「発展途上国」と小さなかたまりにする方が覚えやすいと思います。A fire broke out in the chemical plant.=

語彙を増やす方法(その2)ー英和辞典を読むー

時間がかかって能率が悪いと思う人もいるかもしれませんが、辞書を読むという地味な方法をあえておすすめします。最近の辞書は非常によくできていて、うまく使えば語彙を増やすだけでなく、会話や作文にも強い味方になってくれます。個人的に特におすすめの辞書は

その単語が正しく発音できるか

当たり前のことですが、単語は正しく発音できなければ通じません。少なくとも正しく発音しようとするべきでしょう。英検の二次試験で合格するためには流暢にかっこよく読める必要はありませんが、押さえるべきポイントがあります。それは正しいアクセントで発音できることです。

その単語の意味が1秒以内にわかるか

単語は読めてその意味がわからなければいけませんが、問題はそのスピードです。ある語を見てその発音の仕方がわかったとしたら、その語の意味が瞬時に浮かばないとその英語は使い物になりません。単語の訳語が1つか2つ瞬時に浮かぶようにしたいものです。

その単語の使い方がわかるか

単語は発音できて意味がわかっても他の語とどう結びつくかがわからないと使い物になりません。そのためにはできるだけ例文を暗記することが大切です。理想的にはたくさん英語を読んだり聞いたりする中で覚えるのが一番いいと思いますが、それができないときは辞書の例文をていねいに読むのが時間がかかるようで一番効率がいいと思います。英検2級や準1級に合格するにはまずそういう地味なことが大切です。

その単語の使い方がわかるか

単語は発音できて意味がわかっても他の語とどう結びつくかがわからないと使い物になりません。そのためにはできるだけ例文を暗記することが大切です。理想的にはたくさん英語を読んだり聞いたりする中で覚えるのが一番いいと思いますが、それができないときは辞書の例文をていねいに読むのが時間がかかるようで一番効率がいいと思います。英検2級や準1級に合格するにはまずそういう地味なことが大切です。

その単語が書けるか

英検2級では英作文の試験はありませんが、準1級になると100語程度の英語を書かなければなりません。メールや手紙の返事のような形の英作文が多いようですが、スペリングの間違いも減点の対象になるのでふだんから英語を書くことをおろそかにしないようにすることが大切です。最近ではタイピングの練習を兼ねて文法や語彙を増やせるソフトが出ているので、そういうものを利用すると楽しみながら学習できると思います。ソースネクストいうところからいくつかソフトが出ており、パソコンを使って単語の練習ができます。

語源について少し勉強しよう

語彙を増やすために語源について少し勉強しておくと役に立ちます。メリットとしては「同じ語源を持つ単語を、関連づけて体系的に学習することでること」そして、「すでに知っている単語の知識を元に、未知語の意味を推測することができること」の2つがあります。

英英辞典に慣れる

英英辞典を使うことの最大のメリットは単語の意味をさらにはっきりさせることができるだけでなく、語彙を増やせる点にもあります。すでに知っている単語でも「もう、この単語は中学生の頃に覚えたからいい・・・」と言わずに、事あるごとに英英辞典を引きなおすことを強く勧めます。語の意味だけでなく、使い方や説明の仕方、そして英語的な発送までわかるのが英英辞典の強みです。最初は慣れないかもしれませんが、学習用の英英辞典を使えば2000語ぐらいの語彙であらゆることが説明されているので、要は慣れの問題だと思います。コツはすでに知っているやさしい語や知っている語を引いてみることです。

私が今までに試した語彙力アップの方法

私が今までに試した語彙力アップの具体的なやり方を紹介したいと思います。
1)単語帳を作る
 中学生で英語を習い始め頃に始めたやりかたです。単語ノートを作って一番左端に見出しの英語、
その横に発音記号、そして主な意味を日本語で書き込む。例文がある時は1つ、2つ書き足しておく。

(1) abandon 〜 abstract

英検2級から準1級受験で知っておきたい語です。意味を確認したらクロスワードパズルで語のイメージや使い方などを覚えてください。例文は英和辞典や英英辞典を参考にして作ったものです。

すぐにクロスワードパズルのサイトへ⇒ (1) abandon---abstract
印刷版(1) abandon---abstract

abandon→〜を見捨てる、放棄する(give up)

abbreviation→(語・語句などの)短縮
 
 TVはtelevisionのabreviationです。

ability→能力

aboard→(飛行機、船、バス)に乗って

abolish→制度・規則など)を廃止する 

abortion→妊娠中絶、堕胎

abound→(生物・資源などが)多い

abroad→外国へ(に)

abrupt→ぶっきらぼうに、不意に

absent→不在の

absorb→吸収する

absolutely→絶対的に

abstract→抽象的な

クロスワードパズルのサイトへ(1) abandon---abstract
印刷版(1) abandon---abstract
クロスワードパズルの遊び方は簡単です。上の青色文字のリンクをクリックすれば、CosswordWeaver.comのサイトにつながります。コンピュータの画面上でできます。

・マウスカーソルをクロスワード枠内においてダブルクリックするとそのヒントに当たる英文が右側に青く反転して表示されます。キーボードから直接答えを打ち込むだけでOKです。

・Reveal Letter → カーソル上の文字がヒントとして表示されます。

・Reveal Word → カーソル上の単語が表示されます。

・Check → 答えがチェックできます。誤りの場合は赤色で表示されます。

・完成すると、Crossword Complete!の文字が緑色で大きく表示されます。

WORD BANKという使用語彙の一覧が画面下にあるので、ヒントが難しいと思ったら参考にして下さい。

英検2級、準1級で押さえておきたい語彙

英検2級、準1級で押さえておきたい語彙を調べて見ました。
利用したのは各種の英和中辞典、英英辞典、類語辞典、『英検 文で覚えるプラス単熟語2級』、『英検 文で覚えるプラス単熟語準1級』等です。

以下にアルファベット順に押さえておきたい単語を選んで、クロスワードパズルの形でまとめました。

学習用コンテンツの一つとして作ったものなので、パズルとしての完成度は今ひとつですが、頭の体操をかねながら英単語の知識を整理するつもりで取り組んでいただけたらなと思います。

すでに知っているものが多いという方は、その単語を他の英語で説明したり言い換えたりして使える語彙にしていくことを目指してください。

もし知らない語があれば、英和辞典や電子辞書を引いて発音も確認するといいと思います。時間にしたら全部調べても数分で出来ると思います。一度に覚えようとせずに、何度もその単語に出会うことが大切です。何度も出会ううちに、そのうち馴染めるようになってきます。

ヒントを読みながら語のニュアンスや使い方も覚えていただけたらなと思います。

綴りの間違いや表現には気をつけておりますが、もし間違い等ありましたら下記までご連絡ください。

連絡先
najise@hotmail.co.jp

(33)pain---pircy
(32)opposite---oxygen

(31)objection---opportunity
(30)method---monotonous
(29)magnificently---merely
(28)lately---luxury
(27)invade---landfill
(26)influence---intricate
(25)ignore---infinite
(24)habit---hygiene
(23) foresight --- gulf
(22)fact---forecast
(21)excuse---extremely
(20)equipment---exclusive
(19)embroidery---environment
(18)earn---embarrassment
(17)display---dust
(16)device---discrimination
(15)demand---develop
(14)cruel---dehydrate

(13) copy---crop
(12)constant---convention
(11)completely---consider
(10) collide---complain
(9)ceremony---coast
(8) campaign --- cell
(7) barely --- bury
(6) arrest---awkward
(5) alternative---arrange
(4) additive---affair
(3)accompany---acupuncture
(2) absurd---accommodation
(1) abandon〜abstract
#1 eiken grade 2

ボキャビルマラソンパワーアップコース

アルクの通信講座の中身を「見る・聞く」


(2) absurd 〜 accommodation

英検2級から準1級受験で知っておきたい語です。意味を確認したらクロスワードパズルで語のイメージや使い方などを覚えてください。例文は英和辞典や英英辞典を参考にして作ったものです。

すぐにクロスワードパズルのサイトへ⇒ (2)absurd---accommodation


1.absurd →ばかげた、理屈に合わない

2. abundant →豊富な、たくさんの
 
3. abuse → ・・・を乱用する、虐待する

4. accept → 学問的な、非実際的な(practicalでない) 

5. accelerate→(・・・の速度、〔時期〕を)速〔早〕める 

6. accept → 〜を快く受け入れる

7. access → 〔場所・物への)近づく方法

8. accessible → 近づきやすい

9. acclaim → ・・・に喝采を送る

10. accommodation → 宿泊設備、収容能力

クロスワードパズルのサイトへ⇒(2)absurd---accommodation

クロスワードパズルの遊び方は簡単です。上の青色文字のリンクをクリックすれば、CosswordWeaver.comのサイトにつながります。コンピュータの画面上でできます。

・マウスカーソルをクロスワード画面上のどこでもいいので枠内においてクリックするとそのヒントに当たる英文が右側に青く反転して表示されます。キーボードから直接答えを打ち込むだけでOKです。

・Reveal Letter → カーソル上の文字がヒントとして表示されます。

・Reveal Word → カーソル上の単語が表示されます。

・Check → 答えがチェックできます。誤りの場合は赤色で表示されます。

・完成すると、Crossword Complete!の文字が緑色で大きく表示されます。

WORD BANKという使用語彙の一覧が画面下にあるので、ヒントが難しいと思ったら参考にして下さい。

(3) accompany---active

英検2級から準1級受験で知っておきたい語です。意味を確認したらクロスワードパズルで語のイメージや使い方などを覚えてください。例文は英和辞典や英英辞典を参考にして作ったものです。

すぐにクロスワードパズルのサイトへ⇒ (3) accompany---acupuncture


aaccompany→〜に付きそう、ついて行く

accomplish→〜を成し遂げる

accumulate→(徐々に)〜を蓄積すら

accurate→正確な

accustom→〜に慣れさせる

ache→〜痛む

achieve→〜を成し遂げる

acknowledge→ 〜を認める

acquaintance→知り合い、知人

acquire→〜を獲得する、身につける

actual→実際の、現実の

acupuncture→播(はり)療法

クロスワードパズルのサイトへ⇒(3) accompany---acupuncture

クロスワードパズルの遊び方は簡単です。上の青色文字のリンクをクリックすれば、CosswordWeaver.comのサイトにつながります。コンピュータの画面上でできます。

・マウスカーソルをクロスワード画面上のどこでもいいので枠内においてクリックするとそのヒントに当たる英文が右側に青く反転して表示されます。キーボードから直接答えを打ち込むだけでOKです。

・Reveal Letter → カーソル上の文字がヒントとして表示されます。

・Reveal Word → カーソル上の単語が表示されます。

・Check → 答えがチェックできます。誤りの場合は赤色で表示されます。

・完成すると、Crossword Complete!の文字が緑色で大きく表示されます。

WORD BANKという使用語彙の一覧が画面下にあるので、ヒントが難しいと思ったら参考にして下さい。
語彙を増やすいちばんオーソドックスな方法といえば、英字新聞です。好きな記事を決めて、毎週そこだけは読むというのがオススメの方法です。
週刊ST

The Japan Times

The Japan Times Weekly

(4) additive 〜 affair

英検2級から準1級受験で知っておきたい語です。意味を確認したらクロスワードパズルで語のイメージや使い方などを覚えてください。例文は英和辞典や英英辞典を参考にして作ったものです。

すぐにクロスワードパズルのサイトへ⇒ (4) additive---affair

additive   添加物

adjust    あわせて調整する

admire 〜に感心する

admit    〜を認める

adolescence    青春期、思春期

adopt 〜を採用する

adrenaline    アドレナリン

adult      大人

advanced    発展した、進歩した

advantage    有利な点(立場)

advertise    〜を広告する

advise 〜に助言する

affair      事柄、事件


クロスワードパズルのサイトへ⇒(4) additive---affair

クロスワードパズルの遊び方は簡単です。上の青色文字のリンクをクリックすれば、CosswordWeaver.comのサイトにつながります。コンピュータの画面上でできます。

・マウスカーソルをクロスワード画面上のどこでもいいので枠内においてクリックするとそのヒントに当たる英文が右側に青く反転して表示されます。キーボードから直接答えを打ち込むだけでOKです。

・Reveal Letter → カーソル上の文字がヒントとして表示されます。

・Reveal Word → カーソル上の単語が表示されます。

・Check → 答えがチェックできます。誤りの場合は赤色で表示されます。

・完成すると、Crossword Complete!の文字が緑色で大きく表示されます。

WORD BANKという使用語彙の一覧が画面下にあるので、ヒントが難しいと思ったら参考にして下さい。
語彙を増やすいちばんオーソドックスな方法といえば、英字新聞です。好きな記事を決めて、毎週そこだけは読むというのがオススメの方法です。
週刊ST

The Japan Times

The Japan Times Weekly

クロスワードパズルで語彙力アップ! (5) alternative---arrange

今回はCossword Compilerというクロスワード作成ソフトを使って作ってみました。

ヒントが日本語で表示できるので、わかりやすいと思います。

alternativeからarrangeという語の中から19個を取り上げてあります。

パズルはすべてWeb上で解けます。枠の中にカーソルを当てると、右側のヒントが赤字になるので、

答えを直接キーボードから打ち込むだけです。無事完成したらCongratulations!の表示が出ます。

答えを知りたい時は左下のsolutionsをクリックしてください。
(5)alternative---arrange

語彙を増やすいちばんオーソドックスな方法といえば、英字新聞です。好きな記事を決めて、毎週そこだけは読むというのがオススメの方法です。
週刊ST

The Japan Times

The Japan Times Weekly

(7) barely --- bury

英検2級から準1級受験で知っておきたい語です。意味を確認したらクロスワードパズルで語のイメージや使い方などを覚えてください。例文は英和辞典や英英辞典を参考にして作ったものです。

すぐにクロスワードパズルのサイトへ⇒ (7) barely --- bury

barely かろうじて
bargain お買い得品
battle 戦い
behave 振舞う、行動する
benefit 利益
betray 裏切る
beverage 飲み物
bitter 苦い、つらい
blood 血液
book 予約する
bother わざわざ〜する
brain 脳
breathe 呼吸する
bride 花嫁
broadcast 放送する
budget 予算
bury 埋める

クロスワードパズルのサイトへ⇒
(7) barely --- bury


クロスワードパズルの遊び方は簡単です。上の青色文字のリンクをクリックすれば、CosswordWeaver.comのサイトにつながります。コンピュータの画面上でできます。

・マウスカーソルをクロスワード画面上のどこでもいいので枠内においてクリックするとそのヒントに当たる英文が右側に青く反転して表示されます。キーボードから直接答えを打ち込むだけでOKです。

・Reveal Letter → カーソル上の文字がヒントとして表示されます。

・Reveal Word → カーソル上の単語が表示されます。

・Check → 答えがチェックできます。誤りの場合は赤色で表示されます。

・完成すると、Crossword Complete!の文字が緑色で大きく表示されます。

WORD BANKという使用語彙の一覧が画面下にあるので、ヒントが難しいと思ったら参考にして下さい。
語彙を増やすいちばんオーソドックスな方法といえば、英字新聞です。好きな記事を決めて、毎週そこだけは読むというのがオススメの方法です。
週刊ST

The Japan Times

The Japan Times Weekly

(8) campaign --- cell

英検2級から準1級受験で知っておきたい語です。意味を確認したらクロスワードパズルで語のイメージや使い方などを覚えてください。例文は英和辞典や英英辞典を参考にして作ったものです。

すぐにクロスワードパズルのサイトへ⇒ (8) campaign --- cell
campaign (社会的・政治的)運動
cancel 〜を取り消す、中止する
cancer がん
candidate 候補者
capable 有能な
career 経歴
careful 注意深い
careless 不注意の
carnivore 肉食の
carve 〜を彫る
case 〜の場合
cash 現金
casual カジュアルの
casualty 死傷者
catalog カタログ、一覧表
catastrophe 災害、大惨事
cause 原因
cautious 用心深い
celebrate 〜を祝う
cell 細胞

クロスワードパズルのサイトへ⇒
( 8) campaign --- cell


クロスワードパズルの遊び方は簡単です。上の青色文字のリンクをクリックすれば、CosswordWeaver.comのサイトにつながります。コンピュータの画面上でできます。

・マウスカーソルをクロスワード画面上のどこでもいいので枠内においてクリックするとそのヒントに当たる英文が右側に青く反転して表示されます。キーボードから直接答えを打ち込むだけでOKです。

・Reveal Letter → カーソル上の文字がヒントとして表示されます。

・Reveal Word → カーソル上の単語が表示されます。

・Check → 答えがチェックできます。誤りの場合は赤色で表示されます。

・完成すると、Crossword Complete!の文字が緑色で大きく表示されます。

WORD BANKという使用語彙の一覧が画面下にあるので、ヒントが難しいと思ったら参考にして下さい。
語彙を増やすいちばんオーソドックスな方法といえば、英字新聞です。好きな記事を決めて、毎週そこだけは読むというのがオススメの方法です。
週刊ST

The Japan Times

The Japan Times Weekly

(9)ceremony---coast

英検2級レベルの語彙 (9)ceremony---coast
ceremony 儀式
certain 確かな
channel 海峡
chaotic 無秩序な
character 性格
charge (お金を)請求する
charity 慈善事業
checkout counter お店のレジ
chemical 化学の
chronic 慢性的な
circumstance 状況
civilization 文明
clearance sale 在庫一掃セール
climate 気候
clinic 診療所
clue ヒント
coast 沿岸

クロスワードパズルで確認する(Web上でできます)⇒(9)ceremony---coast

クロスワードパズルの印刷版を表示する⇒(9)ceremony---coast

解答のコツ(短文の語句補充問題の場合)

英検では短文の語句補充問題が最初にあります。
英検関連の参考書によると、語句補充問題のうち全体の約48パーセントが動詞に関する問題だそうです。その次が名詞で31パーセント。残りは形容詞・副詞の問題だそうです。まずは動詞を中心に語彙を増やす工夫をするとよいでしょう。

(10) collide --- complain

英検2級レベルの語 (10) collide --- complain

collide 衝突する
column (新聞などの)コラム欄
combine 化合する、組み合わせる
commit 確約する
common ありふれた、よくある
commute 通勤する
company 同伴(する)
compensate 償う
compete 競う
complain 不平を言う

クロスワードパズル(Web上で) → (10) collide --- complain

クロスワードパズル(印刷版) → (10) collide --- complain

単語力(タンゴリキ)というサイトの紹介

語彙を増やすための無料サイトの紹介です。

単語力(タンゴリキ)と読むそうです。

TOEICの語彙対策用として作られたサイトだそうですが英検の単語対策として十分利用できます。
初級者から上級者まで幅広い読者を対象としているのでのぞいてみてください。

覚えた単語はできるだけ使ってみよう(「英検・・・文で覚えるプラス単熟語2級」を使って)

久しぶりに記事を書きます。
英検の受験前になると、時々記事を見て、参考にしてくださる方がいらっしゃるのは
うれしいです。ありがとうございます。

今日は単語集の使い方の工夫についてです。

旺文社から出ている 『英検・・・文で覚えるプラス単熟語2級より』の中に収録されている
単語をみてみると、diarrhea(下痢), stomach cramps(胃痙攣), nausea(吐き気), diagnosis診(断), recovery(回復), antibiotics(抗生物質)などの単語が出ています。

海外旅行で病気をしたという設定で、医者とのやり取りが英語で書かれているのですが、
この辺の単語を知っていると、海外で病気になったとき役に立つかも。

この手の実用的な会話があったかと思うと、科学・テクノロジー、環境問題、社会問題などの
時事的な話題の文章も取り上げられているので、英検の問題はカバーするテーマの範囲がけっこう
広いなと思います。そういう点は予備校の模擬試験や大学入試の問題と似ているかもしれませんね。

ところで、この中の単語をいくつか自分で実際に使ってみるのはおすすめの勉強法です。

コツは、できるだけ知っている程度の構文を使って処理することです。
文章というよりも、メモ書きする程度のつもりでいいと思います。

例えばこんな感じです。

------------------------------------------------------------
今日はちょっと風邪気味だったので近くのクリニックに行き診察してもらった。
5分程度待たされただけで、すぐにみてもらえたのは良かったが、診療も2~3分で
あっという間だった。その代わり薬は一週間分ももらえた。診察料と薬代の合計で
2040円かかった。
-----------------------------------------------
これを英語で言うと、どんな感じになるか?

I had a bit of cold today, so I went to see the doctor at the neaby clinic.

I waited only 5 minutes. That was good. His diagnosis was very quick.

He just checked my heartbeat with the stethoscope quickly. He prescribed me

antibiotics and other medicine for one week. It cost me 2040 yen.
------------------------------------------------------
おかしいところがあるかもしれませんが、まあ、外国語なので
内容が伝わればよしとしよう、と勝手に納得して自己満足。

覚えた単語はできるだけ使ってみようでした。