教材レビュー

English Zone

最近、本屋さんでEnglis Zoneという英語雑誌を買いました。この雑誌のいいところはやさしい英語でいろんな話題、特に時事問題などがエッセーやレポートの形で掲載されているので気に入っています。

28号では蟹江誠一という明治大学の先生による「憲法9条は真の平和憲法なのか」というエッセーがのっており、このタイプの雑誌でこういったcontroversialな問題を取り上げるのは珍しいなと思い、買ってしまいました。

インタビュー記事を多く載せた英語雑誌はEnglish JournalやEnglish Expressなどがあるのですが、こういった身近な社会問題について個人の意見をのせた雑誌は少ないと思います。こういう問題に言及するのは英語にしろ、日本語にしろある種の勇気がいるのではないでしょうか。文字だと残ってしまいますから。

この記事については付属のCDにナレーションが入っていました。欲を言えば、蟹江先生自身に読んでいただいたもの、あるいはインタビューをした生の声が入っていると言いのですが、別の人が記事を読んでいました。English Zoneの唯一の欠点を挙げるとしたら、CDの音声に臨場感がないことでしょうか。どうしてもEnglish Journalのあのノリを期待してしまいます。でも、社会問題についての知識を得ながら英語の勉強もするという目的ならばこの英語雑誌はすばらしいと思います。英語のレベルはセンター試験レベル、英検で言えば準2級から2級ぐらいというところです。

English Zone


2007年08月24日 09:22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)