教材レビュー

アメリカの参考書

アメリカの小学校4年生から6年生が、実際に学校や家庭で利用している参考書です。小学校のときに勉強した各教科は英語でどう表現されているのかがこの本でわかります。
  アメリカの小学生の参考書は英語表現ボキャブラリー向上のための宝庫です。イラストが多いので読みやすく、1つひとつの文章も長くありませんか比較的平易な文章で書かれているので、どんどん読み進めることができます。「雨はどうして降るのか?」「地球にはなぜ昼と夜があるの?」といった質問に英語で答えてくださいといわれるとと困りますが、その解答がこの本の中に多数収録されています。大人が読んでも楽しめて、ためになる参考書です。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


2007年04月30日 22:14

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)