コラム

英語を勉強していて感じたことをまとめてみました。

英語を勉強するときの基本的なこと

英語を勉強するときの基本的なことは何か?と考えた時、まず浮かぶのは「ちゃんと声に出して読めるか、そして意味がわかるか」ということです。この「ちゃんと読める」というのは意外と曲者で、単語のアクセントを正しく発音し、意味のまとまりで区切って読めるというのは簡単なようで案外難しいのではないでしょうか。しかも意味がわからなければ、気持ちを込めて読むとか、状況を考えながら読むなどということはできません。

きちんと読めるようになったら、その次はスピードを出して速く読めるように何度か練習するといいと思います。速く読めればたぶんその英語は聞いてもわかるし、しゃべることにも応用ができそうです。でも読めない英語は聞いてもわからないし、そもそもその言葉を認識できないということなので、応用がききません。

だから、どんな文章でもまずは意味を考えながら口に出して言ってみることがとても大切だと思います。

勉強時間はどうやって作る?

英語を勉強するための勉強時間の確保、これが計画的にできるかどうかで合格のスピードは断然違ってきます。私の場合は朝の30分が効果絶大でした。

本試験の問題は良問で質が高い

大学入試対策には模擬問題集をやるよりも大学入試センター試験の過去問をやらせるほうがいいという話を大手予備校の方から聞いたことがあります。理由は、センター試験のような全国的に注目される問題の場合は複数の人が関わっており、作り直してチェックをするという作業を何度も経ているのでミスが少なく良問が多いが、模擬問題集の場合は時間的な制約があるので、そこまで練られた問題が作りにくいということでした。

この話を聞いて、これは英検の場合にも当てはまるのではないかと思いました。

英検に限らず、資格試験を受験する場合にまずやるべきことは過去問をそろえることです。そして解答とできるだけくわしい解説があることが望ましいです。

これは英検、TOEIC、通訳ガイド(英語)試験を受験して感じたことですので、いくら強調してもしすぎることはないです。

人によってはまったく同じ問題は出題されないのだから、過去問題をやるのはナンセンスだと言う人もいますが、英検の場合、特に単語や熟語、そして文法に関連した事項は同じようなものが問われる可能性が大きいので、過去問題を中心に勉強することから始めるべきだと思います。その上で、個別に対策が必要ならばそこで考えればいいでしょう。

文法でいえば無生物主語を取る動詞(make, cause, force, oblige, enable, allow, prevent, keep, stop, etc)の使い方や関係詞、仮定法、比較表現などは語法問題だけでなく長文を読む場合にも必要な知識だと思います。

以下に紹介するのはすべて旺文社から出ています。普通の書店に行けばたいていどこにも英語の資格試験コーナーがあってそこにおいてある本です。

『英検準1級問題集』
過去6回分の問題が収録されています。問題量が200ページ弱なのに解説は250ページぐらいあることからもわかるように解説がとても詳しいのでまず1冊だけ購入するとしたらこれをやるべきです。

『英検準1級プラス単熟語』
例文が充実していて使いやすいと思います。余裕があればCD教材も購入して音を聞きながら学習すると定着しやすいと思います。

『英検2級全問題集』
解説は大変詳しいので
一冊だけ選ぶとしたらこれをまずやるべきだと思います。
過去にさかのぼって6回分ぐらいが収録されているようです。


『英検2級DILY20日間集中ゼミ』
20日間で英検に必要な事項が一通り学習できるようになっているので、とりあえず20日はがんばろうという人にはいいです。

『英検2級プラス単熟語』
アルファベット順に並んだ単語とトピック別の短文集が合体したつくりになっています。短文を音読しながら勉強すれば2次試験対策にも使えます。

上記の過去問以外に参考問題集として使いやすかった本を2冊上げておきます。

◎『絶対合格 英検準1級CD付き』柴田バネッサ、小野聖次郎共著 高橋書店

◎『絶対合格 英検2級CD付き』柴田バネッサ、小野聖次郎共著 高橋書店

この2冊は活字が見やすく、解説が簡潔でわかりやすいです。
コラムも充実していてほんとうに使いやすい本です。


学習計画はだいたいでも立てたほうがいい

学習計画を立てても思うようにいったためしがありません。
でも、やっぱり計画は立てたほうがいいと思います。

理由は、何をいつまでにやるべきかという全体像がつかめるからです。これがあるかないかでモチベーションが違ってくるような気がするのです。

自分が英検準1級を受験したときはどうだったか。

英検準1級を受験したのは平成2年から平成4年の頃で、今よりも準1級はもっとやさしかったと思います。

準1級ができたばかりの頃で対策用の本が十分なかったこともあり、1級の過去問題集を買ってやりました。あとは単語集をパラパラっと見たという感じでした。ただし、それ以前にアルクのヒアリングマラソンというのを半年間だったか1年間だったか受講したことがあります。NHKのラジオ英会話も聞いていました。英字新聞も購読していました。

今受験するとしたらどれぐらいの準備が必要なのかは人それぞれのレベルが違うので一概には言えませんが、基本的にまず過去問題集を10回分(模擬問題集を含めてもいいので)と、英検準1級用の単語集を1冊仕上げるのが目標とすべきレベルではないでしょうか。

英検2級の場合はそこまでやらなくても、問題集を1冊丁寧に仕上げて、あとセンター試験で8割以上取れるくらいの単語力があればいけるのではないかと思いますが、ゼロから始めるならば、やはり過去問題10回分+英検2級用の単語集を1冊仕上げるというレベルを基本にするべきだと思います。

資格試験ですので、そんなにやらなくても合格することはあると思います。でも、将来1級まで取りたいなと思うならばこれくらいはこの段階で必要ではないかと思います。

問題集をやるとき、特に語彙の問題では正解の選択肢以外の問題も知らない語の場合は辞書を引いてできるだけチェックしておきました。すべてやろうとすると時間がかかるので、これは重要かなと思った語だけでも調べておくといいです。急がば回れで、けっこうこういう地道な努力が結局語彙を増やすことにつながります。

こなすべき量が決まったらあとは何日で仕上げたいかを決めてこなすべきテキストの量を日数で割ります。そうすると一日でこなすべき量が出てきます。

コツとしては、多少不十分かなと思っても7割ぐらいできたと思ったら次に進んで、まず、一通りテキストを1回仕上げることを目指すといいです。

英検のレベルって、昔より難しくなっているような気がします

私が英検を始めて受験したのは高校1年生のときでした。最初に受験したのは3級でした。高校2年生になったとき、2級を受験しました。もう20年以上も前のことなので、3級も2級も二次試験の問題の内容はもう忘れてしまいましたが、umpireという語が問題文に出ていて、正しく読めずに適当にごまかして読んだことだけを覚えています。

当時の試験はパッセージを読んだあと、5つの質問に答えるというものでしたが、今のようにカラーの絵を見て説明したりする問題はなかったと思います。あの頃の問題と今の問題を比べると、今の問題の方がある程度自分で考えて発話しなければならない部分が増えた分、より難しくなっているような気がします。今の準2級はあの頃の2級のレベルか、ひょっとするとそれより少し難しいのではないかと思ってしまいます。

準1級と1級も量、質ともにレベルがかなり高くなっているような気がします。特に1級の語彙レベルは圧倒されます。

ことばが時代とともに少しずつ変わっていくことや、受験者が増えてくることを考えれば、それにあわせて試験の内容や形式も変わっていくのは当然なのでしょう。でも、難しくなることはあっても簡単になることはないような気がします。試験の質を落とさないようにしようとすると、どうしても難易度が高めになるような気がします。

読んで辞書を引くという地味な作業は意外と効果的

最近、英語のブログで面白くてためになるものがあったので、紹介します。

”People reading"というアメリカ、サンフランシスコ発のブログで、サンフランシスコの中で読書をしている人の風景を毎日載せているブログです。読んでいる人の許可を得て掲載しているそうです。本だけの写真もあります。サンフランシスコの風景や町の様子などもアップされているのでとても臨場感があり、文章も"生の英語”という感じで、気に入っています。

アドレスはこちらです。
People Reading

それで、今日お伝えしたいことは何かというと、こういうブログを読んでいるとわからない単語や表現がたくさんあるということです。(なんだ、そんなことか!あたりまえだろう・・・)

でも、こうやって読みながら気になった単語を辞書を引きながら読みます。
例えば、そのブログを読んでいて"Native Son"というタイトルの本が出ていたので、どんな本かと思ってアマゾンで検索してみたら、その本の内容の抜粋が出ていました。

自分のこと・自分の意見が言えるようになろう

英検3級・準2級・2級の二次試験では、カードを見て音読した後、絵についての説明が求められます。
その後は自分のことや自分の意見を表現することも求められます。

普段から日常のことや今、社会で話題になっていることについて関心をもち、それらについて自分の意見や考えを英語で言えるようにしておく必要があります。級が上がるにつれてよりたくさんしゃべるように求められます。

3級から2級までの面接試験の流れは以下のような感じです。

1.係員の指示で面接室に入ります。受験者はシールを胸に着けることになっています。
  3種類の色分けがあり、色によって問題が変わることになっているそうです。

2.入室したら面接委員に「面接カード」を渡します。

3.面接委員が着席するように英語で指示します。

4.面接委員が受験者に英語で名前と受験級を確認した後、"How are you?"などの簡単な挨拶を行います。

5.英文とイラストがある「問題カード」が渡され、黙読するように指示されます。黙読時間はだいたい20秒です。

6.次に音読するように指示があります。(Please read the passage aloud.)などの指示で読み始めます。
英語のタイトルから読む方がいいと思います。

7. 3級と準2級は5つ、2級は4つの質問がされます。3級と準2級のNo.1からNo.3、2級のNo.1とNo.2は「英文の内容」や「イラスト」に関するものです。3きゅう・準2級はNo.3、2級はNo.2のあとに問題カードを伏せるように指示され、その後に「受験者自身の意見」を述べる質問がされます。

英語の質問は大きく分けるとYes/Noで答えられるものと、Howやwhyで始まるものがあります。
質問の最初の出だしに注意して、簡潔にポイントをはずさないように答えることが大切だと思います。

たとえ英語がつたないものであっても、何が言いたいのか分かることのほうが大切な場合もあります。

8.質問がすべて終わると面接委員がその旨を伝えるので、「問題カード」を返却して退出します。
  attitudeといって、態度も評価に入るので、できるだけ明るくはっきりと答えて印象をよくすることも大
  切だと思います。

英検の試験会場に持っていくもの

第2回の英検一次試験が近づいてきました。今まで3級から始まって
2級、準1級、1級と全部をあわせると少なくとも10回は受験してきました。

みなさんは試験に何を持っていかれますか?今までを振り返ってあったほうがいいと思うものを
あげてみます。英検に限らず、何かの試験を受けるときはだいたい同じようになると思いますが。

1.受験票
  ちゃんと写真が張ってあるか確認しておきましょう。今は昔より厳しくなっているようです。

2.筆記用具
  一次試験はマーク式で、準1級と1級は小エッセーを書く問題があります。シャープペンシルだと芯が
  折れ易いので鉛筆(HB,Bぐらい)の方がおすすめです。

3.使い慣れた参考書、辞書(電子辞書でもよい)、ノート類
  試験時間開始まで何かやるべきことはあるはずなので、直前には何をやって復習するのか決めておくとよいでしょう。私ははたいてい過去問題集を持っていきました。パラパラっと見る感じです。ひょっとして同じものが出題されればラッキーぐらいの気持ちで眺めていました。

4.iPodやCDウォークマンなども音に集中できるので、余裕があれば持っていくといいでしょう。頭を英語モードにするという点では役に立ちます。実際、TOEICを受験したときは、朝、パソコンにインストールした模擬問題集を20分ぐらいやって会場に出かけました。集中するにはよかったと思います。

5.会場が寒い場合を想定して、長袖のカーデガンやトレーナーを用意。
  これからは少しずつ寒くなるので、温度調整用の服を持っていくといいです。逆に夏はクーラーが
聞きすぎる場合があるので、羽織れるものがあると助かります。

6.飲み物と食事
  お腹がすき過ぎていても、満腹すぎても集中できませんので、適当に食べておくことが大切です。
  軽くおにぎりとか、サンドイッチを食べる程度が試験前にはいいのではないかと経験的には感じます。

あと、試験時間の1時間半から1時間前には会場に到着しておくのがいいかと思います。早めに会場に着くほうが精神的に落ち着けます。

本会場受験は19日の日曜日が受験日ですね。みなさんがんばってください。

英検の問題集は何回ぐらいやるといいか?

英検に合格するために一番よくやったのは、過去問題集と市販の予想問題集でした。過去問題集は
 『200○年度版英検○級全問題集』というあの旺文社から出ているやつです。市販問題集は
20日間完成シリーズとか高橋書店の『絶対合格英検○級』というやつです。

準1級や1級になると問題集ではだめだと思っている人もいるかも知れませんが、3回ぐらいやるとけっこう自信がついてきます。問題集をやるときのポイントは解答を丁寧にやるということだと思います。

具体的には、未知語や気になる表現があったら迷わず辞書を引くことです。読んだとき分からなかったらすぐに引くというのではなく、答え合わせをするときに辞書の例文も参照したり、書き取ったりしながらやりました。例文を書きとどめることで作文の勉強になったと思うし、語の自然な結びつき(コロケーション)を覚えるので会話にも役立ったと思います。

先ずは3回問題集をやる。すると自信のようなものがきっと湧いてきます。
地味ですが、いろいろな教材に手を出すよりずっと確かで効率のいい方法だと思います。


やさしい英語ほど難しい

先日、同僚の英語の先生(ニュージーランド出身の女性)と立ち話をしていたら、
週末に
 
 「昨夜、目の辺りを蚊にくわれてはれちゃった」
I was bitten by a mosquito last night.
と言われたので、Poor Annie(可愛そうなアニーさん)
と言ってから、「でも、そんなに目立ちませんよ」
とさらに言いたかったのですが、とっさに浮びませんでした。

「目立つ」を和英辞典で調べたら、conspicuous, noticeable, remarkableなどが
出ていました。

翌日、実はあのとき「蚊に刺されたあとは目立たなかったですよ」と言いたかったのですが、
The mosquito bite was not conspicuous.なんてふつうは言わないですよねとたずねたら、
That's very formal. It was not noticeable.ならOKかなという返事でした。

他にどんな言い方をするのかたずねたら、It's not noticeable. I can't tell.とか
I can hardly see it.(ほとんど分からないですよ)というのを教えてくれました。

tellとかhardlyはこうやって使うんだなとちょっと得した気分になりました。

こういう一見やさしそうに見える単語ほど使いこなすのが難しいんだなって思いました。

英検1級の二次試験の過去問題に挑戦!

『2009年度英検1級全問題集』旺文社の解答例を参考にして、作文してみました。

解答例は非常に高度で格調高い英文で書かれており、あまり参考にはならないと思いましたが、それでも話の展開の仕方やまとめ方は使えると思います。

・In my opinion, I think...
・I think you can say ...
・I'd like to discuss three ways that ...
・To sum up,...

「広告はわれわれの生活に影響を及ぼしすぎているか」
Does advertising have too much influence on our lives?

I have chosen the 1st topic, "Dose advertising have too much influence on our lives? In my opinion, I think you can say advertising does have too much influence on our lives. Then, how do they influence on us? Let me discuss three ways. The first is that some of advertising are so powerful that you are very likely to buy unnecessary things. You may regret it later but it's too late. That means you waste money. The second is that when you watch TV programs other than NHK, a government-supported broadcasting campany, you will be interrupted by TV commercials.
I don't know exactly how long those commercials take, but they appear several times in one program, so it would take 5to 10 minutes in total. I think it's a waste of time.
And last, advertising encourages people to buy unhealthy things like cigarettes, sugary soft drinks, and very high calory foods. The healthiest foodstuffs, like fruits and vegetables, are seldom advertised because they are not processed and do not yield high profits for advertisers. While advertising can be helpful, our lives have become too affected by print ads and TV commercials. To sum up, advertising influence on our lives a lot, so you keep in mind that you may be under mind control by advertisement to some extent.

ネイティブチェックなしですので、英語表現の間違いや不自然さなどは分かりませんが、
いろいろなことについて英語で表現できるようになったらいいなといつも思っております。


通訳者、小松達也氏の講演を聞いて

今年の11月に通訳で有名な小松達也氏の講演を聞く機会がありました。
『通訳の技術』(研究社)、『訳せそうで訳せない日本語』(The Japan Times)
などの著作があり、明海大学で教えながら、今も現役で通訳の仕事をされているとのこと。

日本を代表する通訳者の小松氏がどのように英語を勉強されたのかを直接お聞きする
機会などそうないと思い、とても楽しみでした。

以下、講演の中で印象に残っていることをまとめておきます。

1.英語は中学から始めた。当時は太平洋戦争が終わった直後で、今のようにまともな
英語教材などなかった。自分が習った英語の先生は、生徒である自分たちに英語の教科書を
そっくりそのまま写して自分で綴じて教科書を作らせたそうです。

非常に原始的な方法により、英語の文字に慣れるきっかけになったのではなかろうか、と勝手に想像しながら聞いてました。

2.高校時代は今はやりの会話やオーラルコミュニケーションというものはまったくやらず、文法を徹底的に叩き込まれた。おかげで、ネイティブスピーカーと話していても文法だけは俺の方が良く知っていて
正しい英語がどんなものかわかるという自信があるとおっしゃっていた。

3.受験勉強をしていた頃にJohn Stuart Millというイギリスの哲学者の『自由について』("On Liberty")という本を読んで初めて英語の読書で内容について考えさせられ、一種の知的満足感を感じたと言っておられた。受験対策用に読んだとのことでしたが、こんな本日本語で読んでもきっと難しいだろうなと思った。

4.英会話というものをやったのは大学のESSに入ってからだとおっしゃっていた。それも日本人同士で英語を使って意見交換をするというようなことが最初だったそうだ。当時はアルバイトとして翻訳の仕事をやったそうだが、それも非常にためになったとおっしゃっていた。

5.正しいか間違っているかは分からないが、小松氏自身は英会話というものを特に急いでやる必要はないと思うとおっしゃっていた。もちろん、発音についてはきちんと基本を教えないといけないが、会話については特に急いでやらなくても英語で意見交換をすることはできるとのこと。

6.最後に通訳という仕事の魅力をいくつかあげられました。
 ・通訳者は常に勉強しなければならないので、年を取ってもボケるということがない。
 ・自由業なので、定年というものがない。
 ・知的好奇心が満たされる。
 また、英語はどこまでやってもこれでよしということはない。だから生涯学習としても非常にいい。

7.最近、ダライ・ラマの通訳をやったが、会場があまりにも広いところ(確か、両国国技館とか・・・)で、自分はダライ・ラマ氏の後ろに座っていて氏の話す英語がどういうわけかほとんど聞こえず、それでいて何千人もの人に通訳をしなければならなかったが、言っていることがはっきり聞き取れず大変だったという話をされた。それは正にtortureだったと言われた。でも、たまたまダライ・ラマ氏の考え方というものに以前から興味を持っていて、氏の著書をよく読んでいたので、言っている内容は大体分かっていた。
だから何とか通訳ができたとおっしゃっていた。

確か鳥飼玖美子氏も通訳者は準備のためにたくさん読むということをどこかで言っていらしたような気がする。外国語学習ではやはり「読む」ことが基本で、言葉を使える状態にkeepするためにも読むことはものすごく大切な活動のようだ。

学習法で迷ったときは何か興味のあるものを読むにかぎる。

NHKラジオ英会話はお好きですか?

仕事帰りに時々本屋さんに立ち寄ります。先日、NHKのラジオ英会話のテキストを
久しぶりに手にとってパラパラめくっていたら、遠山顕先生作のクロスワードパズルが
巻末にのっていたので、読み始めたらけっこうおもしろくなって、続きがやりたくなり、
結局テキストを買ってしまいました。

日本で出ている英字新聞やニューヨークタイムズなんかのクロスワードパズルは
あまりにもレベルが高すぎたり、欧米人には常識でも日本人には難しすぎたりして
歯が立ちません。その点、このNHKのラジオ英会話のクロスワードパズルは難しすぎず、
かといって易しすぎず、ちょうどいいくらいかなと感じました。

やはり、辞書を引いてある程度確認しながら解くレベルのものがいいと思います。
せっかくテキストを買ったので、ラジオ英会話も聞いてみようかなと思い、
この3月からラジオのタイマーをセットして聴くことにしています。

3月の第1週はSomething New to Doというテーマで、習い事などの新しいことを
始めたときに使うであろうフレーズなどを紹介しています。

毎日、Listening for It!というリスニング問題がありますが、これは速さもふつうのスピードで、
かなり聞きごたえがあります。英検準1級はもちろん、1級レベルのリスニングパート問題の
対策になると思います。毎日同じ文章が月、火、水、木と週に4回聞けて、英文トランスクリプトと日本語訳が付いています。ラジオCM、アナウンス、天気予報など内容のあるものを目的を持って聴くのでいい練習になります。

日本で生活する私たちにとって、英語学習は意識的に英語に触れるチャンスを自分から作らないと
できません。あまり頑張り過ぎると続かなくなるし、やらないと忘れてしまうので、楽しみながら
やる工夫が大切です。今やっている遠山顕先生のNHKラジオ英会話は今の自分には合っているのかなと思いました。他の講師の方だったり、クロスワードパズルが掲載されてなかったら好きだとは思わなかったかもしれません。英語学習が続けられるためには、教材や講師との相性みたいなものもあると思います。自分に合ったものや、好きなものが見つかったときはうれしいですね。

好きな教材や本などありましたらご紹介下さい。このブログでも紹介していけたらいいなと思います。
連絡先 ↓ 
najise@hotmail.co.jp

英検2級の二次試験では「インターネット」はよく出るトピックの一つかも?

くわしく数えたわけではないのですが、「インターネット」は英検の二次試験のトピック
としてけっこう出ているような気がします。

たとえば、あなたはインターネットで買い物をしたことがありますか?とか、
インターネットは子供にとってなにか害があるのか?といった内容で問われることは
十分考えられます。

ふだんから、インターネットに関連して思うところをまとめておき、英語で言えるようにしておくといいと思います。

インターネットに関連して思うことは、
@アマゾンなどのサイトで本を買ったことがあるが、とても便利だった。
Aあやしいサイトもあるので、危険だと思う人もいる。
Bクレジットカード詐欺などもあるらしいので、気をつけたほうがいい。
Cふだんの生活のなかで調べ物などのときに使うので重要だ。
Dネットサーフィンをしていると、すぐに時間が過ぎてしまうので時間を制限して使うようにしたほうがいい。

英語で表現すると、
1) I used the Internet when I bought some books at Amazon, an Internet bookshop.
2) Some people say the Internet can be dangerous because some websites are not trustworthy.
3) We should be careful because you might becomes the victims of credit-card fraud.(クレジットカード詐欺)
4) The Internet is an important part of my daily lives because I often use it when I want to do some research.
5)I think I should be careful not to spend too much time netsurfing at home.