英語教材レビュー

英語教材あれこれ

教材を選ぶとき、最近ではCD付属のものが多いので、ほとんどの教材が「読解」にも「リスニング」にも、また、英文を書く練習にも使えます。難しい英語であれば語彙を増やすために役立つし、やさしい英語であればリスニングや作文に使えます。

教材を選ぶ上での基準のようなものはあえて言うなら「中身と量」かなと思います。中身と言うのは読んでみておもしろいかどうかということです。
ここでは実際に使ったことのあるものもあれば、サンプル版や体験版を聞いただけのものもあるので、参考程度に読んでください。

● 「英語便」
「英語便」は英語でメールを書き、実際に送ることを通して英語の総合力を高めるためのサービスです。普通の添削サービスとは一味違ったサイトです。英語を書くことで悩んでいる人にはきっと役立つサイトです。英語をただ勉強するだけに終わらせずに実際に使いつつ上達させたいと思っている人にはうれしいサービスです。

ハングリーフォワーズ eFlashcard
無料で登録すると、インターネット版フラッシュカード(語彙練習帳)がeメールで送られてきます。語彙を増やす、また、学習のペースメーカーとして利用できます。無料ですが、中身はしっかりしています。登録しても商品勧誘のeメールなどはないので安心です。

英字新聞
実際に購読しました。常に英語に接する環境を作るにはもってこいです。

English Zone
やさしめの英語で読みやすく、中身もある雑誌です。英検準2級ぐらいからでも読めて、英作文にも使えそうな記事があります。CD付(ただし、interviewee本人の声ではないです)

CNN English Express
CNNの英語がわかりたい、でもまだちょっと・・・と言う人にぴったりの教材です。初心者から上級者まで使えるようにポーズをおいたCDが用意されており、対訳と語彙の注がついているので、使いやすい教材です。

English Journal
最新の話題を英語で吸収できる雑誌。インタビューの臨場感が味わえる教材としてかなりいい線を行っていると思います。


正統派の英語学習法
 英語学習の基礎・基本やTOEIC、英検〔準1級、1級)の対策についてまとめたEブック(電子書籍)です。ふつうの人でもやれる、英語学習の具体的でシンプルな方法が紹介されています。

わかる!解ける!英文法!
「正統派の英語学習法」と同じ著者による「メール+音声による英文法解説講座」。パターンを暗記する学習ではなく、「ブロック」という考え方で英語の仕組みを理解することを目指す。

ボキャブラリーマラソンMUST/パワーアップコース
語彙を集中的に増やしたい人のための通信講座です。英検やTOEICなどの語学試験のためだけではなく、実際に英語を読んで、聴いて、書いて、話すためにも後々役立つ内容です。

スーパーエルマー
リスニングだけでなく読解力養成にも役立つ内容です。SIMメソッドという同時通訳的な理解により英文の語順のままに理解する方法が身につきます。

和英順英会話『ボスコム谷のミステリー』
『シャーロックホームズの冒険』の中の短編の一つです。ストーリーがおもしろく、販売元のホームページで内容のさわりが試聴できます。

スピードラーニング英語初級
 勉強したくても時間が作れない忙しい人、英語の勉強のために今のライフスタイルを変えたくない人、アメリカ文化に関心のある人や日本のことを説明するための英語を学びたい人向けの教材です。

スピードラーニングトライリンガル(日英仏)
 実際に購入して聞いてみました。フランス語も真剣に学んでみようという人にはいい教材です。フランス語の基礎がある程度できている方がいいと思います。3ヶ国語を同時に体験できる点がユニークです。
学生時代、フランス語を専攻していたので興味があり、取り上げて見ました。

ヒアリングマラソン
 英検の準1級を受験する前に、実際に通信講座を受講しました。1年で1000時間を目標にがんばりましたが、結局、期限内での目標達成はできませんでした。でも、「本物の英語」が聞けたことにちょっと感動したことを覚えています。

ヒアリングマラソン中級
 いきなりヒアリングマラソンではきついかな、という方はこの中級から入ってもいいと思います。サンプルを聴いてみるとかなりスピードも速いので、これが聴ければ英検のリスニング問題はかなり自信がもてるという気がします。TOEIC対策にも十分な内容です。

アメリカの参考書
 アメリカの小学生が学ぶ内容をこの本を通して知ることができます。内容がだいたいわかっているので理解しやすいと思いますが、向こうの小学生向きだといってもすべての単語がわかるわけではないので、勉強になると思います。

  


2006年08月17日 15:10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)